関節のこわばりに注意

看護師

骨が破壊されることも

関節リウマチは免疫系が誤って自分自身を攻撃し、炎症を起こすことが原因で、関節の腫れや痛みが現れる病気です。どんな方でも発症する可能性がありますが、最も多いのは30代〜50代の女性とされています。進行すると痛みが強くなり、関節を動かさなくても痛むようになります。さらに骨や軟骨が破壊され、関節が変形してしまうこともあります。どんな場所に症状が現れやすいかというと、まず手指の第2関節に現れることが多く、次に足指や膝などが挙げられます。関節の痛みや腫れが左右対称になりやすいという特徴も見られます。またリウマチによる炎症が全身に影響して、疲れ・だるさや食欲不振を感じる場合もあります。関節リウマチにかかると早いうちから関節がダメージを受け、修復できなくなってしまいます。初期段階でどんな症状があるかを知っておけば、進行を食い止めることが可能です。はじめのうちは強い痛みよりも、関節が動かしにくいとか、こわばるといった症状がよく見られます。特に朝起きてからしばらくは症状が現れやすいので、着替えや歯磨きや朝食の準備に手間取るようなら、関節リウマチを疑ってみる必要があります。関節痛があってもリウマチとは限りませんし、上記のような例に当てはまらない症状もありますが、血液検査をすれば確実に早期発見することができます。何か違和感を覚えたら、どんな小さな症状も見逃さないで、専門医に相談してみることをお勧めします。