早期発見が大切です

困る人

関節の腫れや炎症を伴う

病気にも色々な種類がありますが、特に痛みを伴うものはつらいものがあります。痛みを伴う病気として、特にリウマチは有名ですが、名前は知っているけれどもどんな症状が知らない、どんな部分が痛いかというのは知らないという人も少なくありません。リウマチは関節が炎症を起こし、骨や軟骨が破壊され悪化してくると激しい痛みを伴うのが特徴的です。どんな部分で起こりやすいのかも知っておきたいですが、まず手足で起こることが多く悪化すると腫れや激しい痛みが起こります。さらに左右対称に症状が出やすいのもリウマチの特徴です。どんな原因で発症するのかも知っておきたいですが、免疫系の働きに異常が起こったときになりやすく、免疫に異常が起こると自分の細胞や組織を攻撃しそれにより炎症が起こるとされています。女性に多い病気で30歳代から50代に特に多くなっており、体重減少や身体のだるさ、食欲不振などの症状も出やすくなります。放置していると骨の破壊が進んでしまいますが、早期に治療を行うことでその進行も抑えることができます。リウマチの初期症状としては起床時に置きやすく、手のこわばりは代表的な症状です。そして痛みは手指の第二関節に出やすいのも特徴です。このほかでは、洋服のボタンが掛けにくい、手の指のむくみや箸がうまく使えないなどの症状が出ることもあります。リウマチであるかどうかは、血液検査などで知ることができますので、不調が続いている時は放置せずに早めに診察や検査を受けることが大事です。