炎症や腫れなどが見られる

診察

骨や軟骨が破壊される病気

リウマチは膠原病のひとつですが、関節に腫れや炎症が生じるため、軟骨や骨などを破壊してしまい、日常生活に支障をきたす場合もあります。リウマチはどんな痛みなのか知っておきたい人が増加しています。ずきずきとした鈍い痛みが生じる場合もありますが、炎症や腫れが強い場合は激痛が走ることがあります。リウマチはどんな痛みなのか、知っておく必要がありますが、他の関節の病気とは違い、体を動かしていない時も痛みを感じるのが特徴です。リウマチは初期段階の時は、朝起きた時に指先のこわばりなどを感じることが多いですが、少し進行してくると左右の関節に痛みを感じることが多いです。リウマチは男女を問わず罹る可能性のある病気ですが、女性にやや多く、30代から50代ぐらいの人に多く発症をします。リウマチがどんな痛みなのか知っておくと、整形外科などで診察を受けると診断が付くことが多いです。リウマチは自己免疫疾患のひとつなので、日頃から過度なストレスを溜めないようにしたり、十分な睡眠や休息を心掛けたりする必要があります。リウマチの患者は大変辛い症状で悩んでいますが、現代は優れた医薬品が開発されており、ステロイド剤などの抗炎症剤や、痛み止めなども処方してくれます。リウマチの症状は周囲の人に理解をしてもらいにくいため、診察を受ける時は家族に付き添ってもらうのもお勧めです。リウマチは早い段階で発見して、適切な治療を受けることで症状の悪化を防ぐことも可能です。診察を受ける時は、どんな痛みなのかきちんと伝えることが大事です。